医療用脱毛がVIOに使えるってマジ?誰でもできる?

足の毛や腕の毛などお手入れするのがだんだん面倒になってきます。

そのため、脱毛クリニックで永久脱毛をしようと考える人もいます。

レーザーを使っての施術は痛いという話も聞き不安で決心が付かないという方も多いようです。

では実際のところどうなっているのでしょうか、口コミなどで調べてみました。

そもそもなぜ医療用脱毛は痛いと言われるかというとレーザーのパワーが強くて効果が高いので痛みが発生することもあるからです。

現在では痛みを抑える冷却機能が機械についていたりなるべく痛くないようになっています。

ただ、VIOゾーンなど部位によっては痛い場合もあります。

実際に行った人の口コミでも思ったより痛くないという声は多いです。

煩わしい全身のムダ毛ケアですが面倒だからと永久脱毛の調べると費用も大きいので手が出せないという人もいるのではないでしょうか。

そういった方におすすめしたいのが部位ごとに行う方法です。

なぜかというと全身脱毛に比べ部位を限定することで費用が半分以下に抑えられる場合が大半だからです。

場合によっては約2割くらいまでになる部位もあります。

費用面以外にも処理する面積の多い足や腕だけを行うだけでもケアの時間がかなり減るのではないでしょうか。

また、医療用脱毛を行っているクリニックの場合は医師免許を持ったドクターがいるので安心感もあると思います。

光脱毛と医療用脱毛の2つはよく比較されていますがどのように違うかを理解している人は案外少ないのではないでしょうか。

一番わかりやすい例としては光脱毛は一時的な効果が得られ、レーザーは永続的な効果と目的が違います。

また、永久脱毛と呼ばれる処置はクリニックなどの医療機関でのみ行えます。

どちらもムダ毛が無くなるのは同じですが数年後もほぼ復活しないのはレーザーで行なった場合だけです。

通う回数や費用もそれぞれで異なり、光の場合は料金が安いですが回数は12回から18回程度、レーザー脱毛の場合は5回から8回程度が目安となっています。

この違いは使われている機械のパワーの差によります。

ムダ毛処理などの悩みを解決する永久脱毛ですが実は一般的に永久脱毛と呼ばれているのは医療用脱毛のことを指します。

そのため、エステなどで行われている脱毛は永久脱毛という呼称は使えません。

夏などの肌の露出が増える時期に向けて脱毛を考えている人の中には複数のクリニックで並行して行えば早く終わるのではないかと考える人もいると思います。

そういったことはないと考えてください。

特に、全身脱毛をする場合には掛け持ちをする意味はありません。

なぜかというと脱毛は毛が伸びてくる成長期に照射をすることで効果が出るものなので照射可能なタイミングは限られているからです。

もし掛け持ちを考えるのなら、クリニックの予約がなかなか取れない場合や部位が被らないように選ぶようにする必要があります。

多くの人はクリニックなどでの脱毛を経験したことがなくどんな風に行われるのかや必要な費用や期間など様々な不安があると思います。

実際にネットで医療用脱毛などの費用を集めていると全身脱毛を行おうとすると数十万円単位の費用がかかってしまいます。

なぜこれだけの費用が必要なのかというと効果を実感しやすくなるのは複数回以降なのでコースでの契約を推奨しているからです。

ただ、最近ではいきなり高額な費用を支払うのは躊躇するという悩みを受けてなのか1回のみから行えるクリニックもあるようです。

初めてだからお試しでどんな感じか試したいなどの場合にオススメですが部位によっては1回では効果を実感しにくいことがあります。

様々なサービスや商品からひとつを選ぶ際に口コミを参考にする方も多いと思います。

では医療用脱毛を探す際にはどういったことを基準にしたらよいでしょうか。

例としては、施術を行うクリニックの雰囲気や接客態度など実際にその場に行ってみないとわからないことや脱毛する部位は全身にした方がいいのか限定した方がいいのかを長期的に知る手掛かりになります。

他にもレーザー脱毛は持続効果が長い分料金も高いイメージだったけど脱毛エステとあまり変わらないコースを見つけたなどの情報も見つかります。

また、レーザー脱毛は痛みがあると聞いて躊躇している人もいると思いますがクリニックごとに使っている機種が異なるので痛みを感じにくい機械を使っているクリニック探しにも役立ちます。

引用元:http://www.maroc-topsite.biz/reizer/eiseikanri.html

全身のムダ毛処理が面倒に感じて脱毛のために医療用脱毛や脱毛サロンの利用を考える人もいると思います。

その際、よくイメージされる永久脱毛を簡単にできると思ってしまいがちですが実際は多くの回数がかかります。

そもそも永久にムダ毛が生えてこないということはなく脱毛処理後1ヶ月で毛の再生率が20%以下の状態を永久脱毛と定義付けています。

また、脱毛サロンの場合は医療行為ではないので永久脱毛という言葉ではなく除毛になります。

なるべくムダ毛の自己処理をしない状態にすることは可能です。

なるべく低コストで気軽に通いたい場合は脱毛サロン、ドクターのもとで安心しながら処置したい場合は医療用脱毛を利用しましょう。

最近では、vioゾーンを脱毛するのが女性の身だしなみとして当たり前になりつつあるそうです。

実際に脱毛を行うクリニックではワキと並んで人気の部位のようです。

行う方は女性らしく見えるように整えたいという20から30代だけでなく将来介護されるようになった時のためにという50代以上の人も最近では増えているようです。

一般的に医療用脱毛では5回くらいが多いと聞きますがvioゾーンは太く頑固な毛が密集して生えている場ゾーンなので多くの人が5回では足りず8回程度が必要です。

行うメリットとしては夏場に水着を着る際に気にせずに済むことや毎日の脱毛から解放されてストレスフリーなことなどが口コミからわかります。

詳しい費用などはクリニックごとに変わるのでまずは相談だけでも行ってみてください。

面倒に感じやすいムダ毛ケアをしないで済むようになる永久脱毛ですがインターネットで情報を調べていると高額な料金を理由に諦める人も多いようです。

実際に脱毛をしてもらうクリニックを探す際には費用も気にする人は多いでしょう。

費用をできるだけ抑えようとした場合、光脱毛の脱毛サロンも選択肢に挙がりますが得られる効果という観点から言うと医療用脱毛に比べ出力が低く効果が出るまでに回数が必要なことや一時的な減毛にしかならないので時間経過で元に戻ってしまいます。

対して、医療機関の行う脱毛は出力が強く少ない回数で永続的な脱毛ができます。

気になる料金も全身ではなく腕や足だけなど部位を限定することで費用を抑えられるので気になる部分だけやる方法もあります。

男性の皆さんは脱毛と聞いて女性だけのものと思っているのではないでしょうか。

最近ではヒゲの脱毛を行う人も増えているようです。

行う人の傾向としては学生時代などに色々言われてコンプレックスな人が多いようです。

永久に生えてこないようにするには医療用脱毛を受けることになります。

脱毛を行うと見た目や雰囲気がガラッと変わることや朝の忙しい時間に髭剃りの時間が省けるメリットがあります。

ただ、行なった結果後悔している人も中にはいるようです。

その理由としては脱毛前は全てなくしたいと思っていてもツルツルになった後は永久に生えてこなくなるため後から残しておけばと思ってしまうようです。

そのため、口ひげだけ、あごひげだけ残すといった選択肢もあります。