私の年収で住宅ローンはいくら借りれるのか。

将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入に当たりまず必要なのはじぶん銀行などの住宅ローンです。

住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

ネット銀行の住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。

審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。

金利は契約を結んだ月のものを採用します。

諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3~4カ月後だと言われています。

ネット銀行の住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、これから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、それから、住んでいる家を改装した方が対象になります。

改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。

他にも細かい条件があるので、確認しながら今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。

何千万という高額な単位の住宅ローンなので、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、かつローンを申請している人限定でイオンで買い物をすると、割引される嬉しいサービスが付いてきます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

団体信用生命保険という物は、世帯主に命の危険があった場合、ローンの残額が無くなる。

という保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

こちらが保証料を支払う必要がないので、安心してネット銀行の住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

長年の夢だったマイホームを目指してネット銀行の住宅ローンを組んだのに、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのかおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

将来、ネット銀行の住宅ローンを組む可能性のある方は、確認しておくと安心なポイントをご紹介します。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、しまいには、返済する金額が増えていたという事もあるからです。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

ネット銀行の住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

ローンの金利には大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行から薦められる事はありません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査が行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

自分の家が欲しいと考えたとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまいますよね。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども受付可能です。

だけども、どの場合でも審査があり申し込めば通過するという甘いものではありません。

毎月の住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。

借入額が減れば、月々の返済額も減る。

という事になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

自分の家が欲しいと思ったとき一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

多くの銀行で申し込みができるのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。

その様な場合は、口コミを読むと良いです。

サイトには資金調達の事だけでなく従業員の態度や店の雰囲気まで細部にわたって書かれていたり、星の数で点数を表している場合もあるので良い契約条件で納得したいと思っている場合は良い例になるでしょう。

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそのような時こそ、中古のネット銀行の住宅ローンを考えてみましょう。

けれども、確認すべき注意事項がいくつかあります。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

記の借入可能額は他の借入が無い場合の理論上の上限であり。年収の何倍まで借りられるのかを計算すると、7倍程度といわれていますが、あまり借りすぎると破産などのトラブルの確立も上がります。

住宅ローン業者によってこのいくら借りれるかという金額は変わりますが目安として知っておくといいでしょう。

引用:http://www.theroseandcrown.net/creditlimit/

住宅ローンの計算はむずかしいといわれます。いくら借りれるのか、借りれる額とあわせて、返済についても考えておきましょう。一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

綺麗に改装してから住みたいという方は、その分の費用も加算してどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

フラット35というローンは、今とても注目を集めているじぶん銀行などの住宅ローンです。

ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気のじぶん銀行などの住宅ローンです。

フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。

住宅の価値を重視して審査を行います。実際に審査をうけるにあたって、私の年収で住宅ローンはいくら借りれるのかとお考えの方もいるでしょうし、必要書類についても分からない人もいるでしょう。

住宅ローンを申し込みする時は事前に調べておくことがあります。住宅ローンが他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。

という所です。

貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

色々な面から審査されるそうです。

これから新築で家を建てる方も、中古物件を検討中の方も申請する際に火災保険に加入する必要があります。

月々にかかるローンだけでも高額なのに更に、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合に保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残りいかなる理由があっても支払いを続けなければなりません。

万が一何かあっても対処できるように、申請していれば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。